口コミで患者さんの声を検証!飯田橋クリニックの評価

医療レーザー脱毛

飯田橋クリニックで行っている医療レーザー脱毛の方法の解説、メリットとデメリット、施術料金などをご紹介します。

医療レーザー脱毛のメカニズム

薄着の季節になると、ムダ毛の処理に頭を悩ます方も多いかと思います。

レーザーの光は、黒い物質に吸収されるという特性があります。毛の中に含まれるメラニンにレーザーを照射して、毛根にダメージを与えるのがレーザー脱毛の仕組みです。 太くて濃い毛ほど根毛にダメージを与えやすいのが特徴です。

医療用レーザー脱毛とエステの脱毛の違いは?

レーザー脱毛は、美容クリニックや皮膚科などの医療機関でしか使用を許可されていません。そのため、エステサロンでは法律的にレーザー脱毛を行うことができないのです。

エステで施術できる脱毛は、ワックスや低出力の光機器を使った脱毛法です。そのため抑毛や減毛効果はあっても、永久脱毛を得ることはできません。

レーザー脱毛のメリットとデメリット

先にレーザー脱毛のデメリットについて説明します。

体毛は毛乳頭が破壊されない限り、毛周期(成長期→退行期→休止期)という3つの段階を繰り返して再生します。医療レーザーは、毛が伸びはじめる「成長期」の初期から退行期前の時期のみ効果があります。その割合は全体の毛の約20%と言われています。

そのため、一度だけ施術しても脱毛しきれずに、別の毛穴から成長期をむかえた毛が生えてくることになります。そのため、気になる部位の体毛を全て脱毛するためには、成長期のタイミングを狙って、複数回にわたるレーザー施術が必要になること、それに伴い施術料金もかさむことがデメリットです。

毛の量は個人差があり、体の部位によっても異なります。女性であれば4~6回程度で終了するのが一般的です。体毛が濃い男性の場合は、8回以上かかる場合があります。

医療レーザー脱毛は医療資格者のみが施術できる方法です。エステに比べるとリスクが少なく、脱毛治療法じたいに長期的な効果が望めることがメリットです。

飯田橋クリニックの医療レーザー脱毛法

飯田橋クリニックでは、ライトシェア(ダイオードレーザー)と、スーパーLPIR(アレキサンドライトレーザー)というレーザー機材を導入して施術にあたります。

特にこちらのクリニックでは、日本人の体毛と相性がよいとされるアレキサンドライトレーザーを推奨しています。5ミリセカンド、20ミリセカンド、40ミリセカンドと毛の太さに合わせたパルス幅をチョイスできるので、軟毛から剛毛まで対応が可能。

一度の照射で直径約1cmの円の範囲の毛穴に反応するので、従来方法よりスピーディーに施術が終了します(両わきなら10分程度)。毛を剃った状態でも施術ができるのもポイント。従来のタイプより痛みが少なく、皮膚への負担が少ない治療法です。

医療レーザー脱毛法の料金(一例)

飯田橋クリニックでは1回料金の他に、回数を重ねるほどお得になる3回コース、6回コースを用意しています。

  • 両わき:5,000円(1回)、13,000円(3回)、20,000(6回)
  • ひざ下:18,000円(1回)、48,000円(3回)、85,000(6回)
  • 肘下:10,000円(1回)、27,000円(3回)、46,000(6回)
  • Vライン:10,000円(1回)、27,000円(3回)、46,000(6回)
  • 下半身:60,000円(1回)、162,000円(3回)、288,000(6回)
  • 脚全体:50,000円(1回)、135,000円(3回)、240,000(6回)
 
飯田橋クリニックの口コミ評判まとめサイト