口コミで患者さんの声を検証!飯田橋クリニックの評価

爪水虫

飯田橋クリニックの皮膚科で行っている爪水虫の治療方法を紹介します。

爪水虫の原因について

男性だけでなく、女性の患者さんも多く悩まれているのが爪水虫です。足の爪に発症することが圧倒的に多く、爪水虫患者全体の90~95%を占めています。

1日中靴を履いて、常に高温多湿状態に置かれる足には、水虫になる原因がいっぱい。爪水虫を治すためには、恥ずかしがらずに早めのケアをすることが大切です。

【原因】

爪水虫は、正式名称を「爪白癬」といい、皮膚に感染するカビが原因の感染症です。爪白癬菌は高温・多湿を好み、皮膚に含まれるケラチンを栄養源として広がっていきます。痒みや、痛みがはありませんが、そのままにしておいても治る病気ではありません。

【症状】

爪が白くなり、黄色く濁ったように見えます。爪が白く濁っているのは、増殖した白癬菌によって爪が破壊され、中に空気が入り込むためです。

爪がもろくなりボロボロと欠けてしまったり、爪に厚みが出て靴が履きにくくなってしまうことも。

先端から症状が表れることが多く、最終的には爪全体が白くなり、黄褐色や茶褐色に変化することもあるのです。

飯田橋クリニックの爪水虫治療法

爪水虫には基本的に塗り薬が使用されますが、爪の中になかなか浸透しないため飲み薬(経口抗真菌薬)が最も効果的とされています。

飯田橋クリニックでは、「パルス療法」と呼ばれる服薬法を取り入れています。

パルス療法

1週間集中して薬を服用した後、3週間は服薬を休む、ということを3回繰り返す方法です。長い期間にわたって毎日お薬を飲み続けなくてもよく、実際に薬を飲む日数は合計で21日間とこれまでと比較してぐっと短期間になりました。

パルス療法に用いられる薬は爪に届きやすく、薬を飲み終わった後も爪の中で効果が持続し、早い人で2~3ヶ月目で健康的な爪が生えてきます。

爪が完全に生え変わるには約1年ほど必要とするため、パルス両方が終わった後も、2~3ヶ月後に通院した方が無難です。

 
飯田橋クリニックの口コミ評判まとめサイト