口コミで患者さんの声を検証!飯田橋クリニックの評価

尋常性乾癬

飯田橋クリニックで行っている尋常性乾癬の治療方法を紹介します。

尋常性乾癬とはどんな病気?

後天的に発症する皮膚病であり、鱗屑(りんせつ)を伴った赤い斑点が全身にできる疾患で、完治させるのが難しい病気です。ひざやひじ、頭髪の生え際、腰などに発症することが多く、爪が侵されることもあります。基本的に、伝染するようなことはありません。

尋常性乾癬のはっきりとした発症原因は不明ですが、脂肪の代謝障害や、精神的なストレス、外傷などが関係していると言われています。

治療法には、Narrow-Band UVB(ナローバンドUVB)という狭い周波数の紫外線だけを照射するものがあります。ただし、病変部のみを選択的に照射できないため、健康な部位への副作用の心配が伴います。

飯田橋クリニックの尋常性乾癬治療法

飯田橋クリニックでは、「XTRAC(エクストラック)」というエキシマレーザーを使った治療法が行われています。1回の治療につき72時間以上の間隔を開け、週1~2回のレーザー治療を行います。

患部に対して有効とされる波長を1回に数秒照射。照射面積は2cm角ですが、広範囲でも1ショット数秒なので、数分で照射可能です。

ナローバンドUVBやエキシマライトと違い、長径3~5mmの微小な照射も可能です。

エキシマレーザーは、エキシマライト・ナローバンドUVB療法と比較して有効率、照射回数においても格段の差があります。

例えば、ナローバンドUVBで50~60回必要な治療が、XTRACでは12回で済んでしまいます。トータルの照射量は同じでも、XTRACはより集中的に治療を行うことができるため、治療期間も回数も短期で済み、患者さんの負担も少なくなります。

また、エキシマレーザー以外に保険適用の治療(軟膏やナローバンドUVB)も可能です。費用面でも続けやすく、症状の重さによって施術法を選べるのが魅力です。

完治が難しい乾癬ですが、飯田橋クリニックで定期的にエキシマレーザーを受ける&保険適用の治療で、健康に近い皮膚の状態を維持することができるそうです。

治療の手順

  • 最初の通院でスキンタイプやMED値を図ります。
  • 2度目の通院時までに簡単な自己判定をします。
  • 病変部位によって、照射エネルギーを変え、治療を行います。完全個室で治療を行うので、プライバシーが守られます。

治療費

  • 小さな部位:1回3,000円~
  • 大きな部位:1回10,000円~
  • かなり広範囲:1回30,000円~

ほぼ全身だと、1回10万円程度掛かることもあるそうです。

尋常性乾癬患者さんの口コミ

  • アトピーを併発していたため、自分が尋常性乾癬だと気づかなかったです。飯田橋クリニックでアトピーと並行して治療を重ねたところ、随分キレイになりました。
  • ステロイド治療で皮膚が薄くもろくなってしまっていたが、まずは皮膚を丈夫にもどすことからはじめ、気長に治療した結果、かなり健康な状態に近づくことができた。
  • 症状に併せて治療法を選べるのでありがたかったです。正直なところ、高額なエキシマレーザーばかりの治療だと続けられないのですが、飯田橋クリニックは保険適用の治療も可能で、先生が親切に相談に乗ってくれるので、安心して通うことができました。
 
飯田橋クリニックの口コミ評判まとめサイト