口コミで患者さんの声を検証!飯田橋クリニックの評価

ワキガ・多汗症

飯田橋クリニックで行っているワキガ・多汗症治療の方法を解説します。

ワキガ・多汗症とはどんなものか?

女性 ワキガ

脇の下に汗をかくと異臭がする腋臭症(ワキガ)。

また、夏場に満員電車に乗ると、大量の汗が首筋や脇の下から滴り落ちることがある、あるいは人前で緊張すると急に汗が噴き出す、といった症状は多汗症といい、病気ではありませんが厄介なものです。

ワキガ・多汗症についてはいろいろな対処法がありますが、できれば根本的に改善しておきたいものです。そのためには専門知識をもった医師に相談することをおすすめします。

ワキガ・多汗症の症状

ワキガ・多汗症の判断には個人差があって、症状のレベルと個人の自覚とが一致しないことも多々あります。かなり強いワキガであってもまるで気付かない人もいますし、ちょっと汗の量が多いというだけで多汗症だと悩んでいる人もいるでしょう。

ワキガの場合、アポクリン腺から出る汗が原因で強い臭いが出るといわれています。臭いの特徴は食べ物が腐った臭い、あるいは納豆の臭いとかカビ臭いという人もいます。特徴は以下のとおりです。

  • 他人から臭いを指摘されたことがある
  • 気が付くと下着に黄色い汗ジミがついている
  • 耳垢は湿りがちで、キャラメル色をしていることが多い
  • ワキ汗がかなり多い

また、基本的に多汗症の場合、エクリン腺からでる酸っぱい臭いの汗が大量に噴き出します。いわゆる「汗臭い」状態になるのが多汗症の特徴で、必ずしも異臭が伴うとはかぎりません。特徴は以下のとおりです。

  • 生理的な原因以外で大量の汗をかく(緊張・ストレスで汗が出る)
  • 脇や手のひらなど限られた場所に大量の汗が出る
  • 下着がびしょびしょになるレベルの汗をかくことが多い

ワキガ・多汗症の原因

汗を分泌する汗腺は2種類ありますが、そのうちアポクリン汗腺から出る汗成分がワキガの原因と考えられています。この汗にはタンパク質や脂質などの有機酸が大量に含まれていて、それを脇の常在菌が分解すると悪臭が発生します。

アポクリン汗腺は脇や陰部などの毛が密集している部分だけに存在します。アポクリン汗腺が多い人は親からの遺伝であるケースが多々あるようです。

ストレス・疲労の蓄積で体内からアンモニアが多く分泌された場合にも臭いは強まりますし、普段の脇ケアが不十分で常在菌が増えすぎ臭いがきつくなるケースもあるといわれています。そのほか、偏食や健康状態も影響することがあります。

また、全身性多汗症は、主に甲状腺機能亢進(こうしん)症や低血糖状態、それに更年期障害の場合に起こりやすく、ワキや手のひらなど局所性多汗症は自律神経の調整不良から起こるとされています。そしてこの症状は精神的なストレスや緊張によって強まる特徴があるようです。

ワキガ・多汗症の一般的な治療法

一般的な対処法として、ワキガの場合は制汗剤系のワキガクリームや体臭改善サプリ、多汗症の場合は制汗スプレーなどがありますが、あまり効果が期待できないことがあります。皮膚科や専門クリニックでの治療を行うとしたら、次のような治療法があげられます。

まずはボトックス注射。汗腺の働きを抑えるとされるボトックス(ボツリヌス菌)を注射することで、脇の汗腺の発汗を抑制します。効果は半年前後で、定期的に注射することになります。

次に医療レーザー。マイクロ波やラジオ波を利用した医療レーザーで、皮膚下の汗腺だけを熱破壊する施術があります。メスによる切除は不要です。

そしてクアドラカット法。これは小切開法のひとつで、特殊な器具で脇の皮膚を切開して汗腺を除去する方法です。

その他、腋毛の生えている皮膚をまるごと切除する皮膚切除術や、腋を切開して目視でアポクリン腺を切除していく皮弁法など、クリニック独自の治療法が提供されています。

飯田橋クリニックのワキガ治療・多汗症治療

飯田橋クリニックでは、医療脱毛レーザー・超音波メスによるワキガ・多汗症治療を行っています。レーザーの熱で汗腺を破壊する術式です。

まず局部麻酔をして、脇の皮膚に1cm程度の穴を2か所開けます。そこから超音波メスを挿入して汗腺組織を破壊します。その際に直視で汗腺を切除する「せん除法」もあわせて行われます。

この手術は短時間で完了し、入院の必要はありません。ダウンタイムとしては、患部安静のためのテープを3日間装着し、テープを剥したらシャワーOKです。また7日後に抜糸をすれば、翌日から入浴もできますし、軽い運動もできるようになるようです。

 
飯田橋クリニックの口コミ評判まとめサイト