口コミで患者さんの声を検証!飯田橋クリニックの評価

尋常性白斑とはどのような病気か

飯田橋クリニックで治療をしている尋常性白斑とはどんな病気かその症状や原因を解説します。

尋常性白斑とはどのような病気か?

尋常性白斑(じんじょうせいはくはん)とは、日本では「シロナマズ」とも呼ばれ、皮膚の色素が完全に消失してしまう、身体全体に見られる慢性的な皮膚疾患です。

治りにくい皮膚病の一つであり、白斑が発症する確率は人口の1~2%。日本人の患者数は推定120~240万人と言われています。

後天的に発症する皮膚病であり、その症状により以下の3つのタイプに分けられます。

限局型

白斑が身体の一部の限られた部分に現れます。大きさは数センチ程度が大半ですが、中には10センチ以上になる場合もあります。

白斑部位への刺激や皮膚の炎症、精神的・肉体的なストレスがきっかけとなる事が多いと言われています。

汎発(はんぱつ)型

身体のあちこちに白斑が発生する、尋常性白斑の中で最も多いタイプです。

限局型の白斑の影響で、メラノサイト(色素細胞)に対する自己免疫が成立してしまうことで、全身のメラノサイトが破壊され、全身の皮膚に白斑が生じてしまいます。

神経分節型

皮膚の神経の通り道に沿って白斑が発症。白斑部分に白毛を伴うことも多いようです。


尋常性白斑は、患部に痛みやかゆみを感じることがほとんど無く、伝染することもありません。また、後天的に発症する病気のため、白斑の出易い体質が遺伝することはあっても、白斑そのものが遺伝することがないのも特徴です。

若年者に発症する傾向にあり、自律神経の異常が関連しているとの説もあります。

尋常性白斑の治療を得意とするクリニックとは

尋常性白斑の原因

発症のきっかけとして、怪我ややけど、日焼けなど皮膚になんらかの刺激が加わることや、ストレス等が挙げられていますが、根本的な原因は解明されていないのが実状です。

現在考えられる原因としては、以下の3つがあります。

自己免疫説

過度のストレスにさらされることで、自己免疫になんらかの異常が生じて白斑が発症すると言われています。

この過度な自己免疫作用が、メラニン色素を形成する細胞を自ら破壊し、機能低下を引き起こして色素に異常が発生します。

自己免疫説は、「汎発型」「限局型」の原因として考えられています。

神経説

自律神経の異常が白斑の原因とされる説です。白斑が発生している部分に、発汗異常などの自律神経系の変化が見られることから、自律神経との関連性が指摘されています。

遺伝説

家系の中で複数の人が白斑を発症するケースがあります。白斑の人の遺伝子を調べてみると、特殊な遺伝子(HLA-DR4)をもつ頻度が高い事があり、そのため遺伝性とする説があります。

 
飯田橋クリニックの口コミ評判まとめサイト